未分類

あそビートで親子楽しくクリスマス!

メリークリスマス!!
ビートオブサクセスです。
今日は穏やかなお天気で(東京の方は)素敵なクリスマスイブになりそうですが、皆様のお住まいの地域はいかがですか?
プレゼントの準備は万端でしょうか?
今日の夜は日本全国の「サンタクロース」が大活躍ですね。サンタさん!頑張れ!!

そんな中、ビートオブサクセスの子ども向けプログラム『あそビート』は、先日一足早いクリスマスイベントを12月21日(土)にお届けしてきました。

場所は渋谷の走り回れる託児所 ミライラボ∞キッズさん
あそビートがこちらの保育所の定期開催プログラムに採用されて、約2年。
普段はお子さんと先生たちのコミュニケーション促進や活性化を中心に行っていますが、この日はパパママたちもみんな一緒に楽しくクリスマスコンサート!

あそビーターのカズとっておきの帽子をかぶって、クリスマスあそビートがスタート!

ミライラボさんは渋谷という場所柄もあるのかな?とってもグローバルな保育所です。そして、0歳児からの異年齢保育ということもあり、国や年齢が様々な子どもたちが一同に介して楽しむことができる・・・というのが、あそビートにとっては課題です。ただ、それはあそビートだからこそ『簡単にクリアできる』ということもあるのです。
みんなが同じことをしなくていい。
その場にいるみんなが「思い思いに楽しめることが大事」だと思っているからです。

踊りたくなったら真ん中にきてレッツダンス!!
鈴のついたロープはあっという間に会場全体の一体感を作りあげます
小さなお子さんを膝に乗せたまま、パパもママも一緒に楽しめます!
もちろん異なる言語も問題になりません。
ギャザリングドラム・・・インディアンはみんなで一つの太鼓を叩きあい団結力を高めていきました。
子どもたちも、みんなで一つ太鼓を叩きあうことで、仲間意識が芽生えます。ラボの子どもたちはこのギャザリングドラムが大好きです!

あそビーターのカズが「鍵盤ハーモニカ(略して鍵ハモ)」から次々と繰り出すクリスマスソングにあわせて、みんな踊ったり、太鼓を叩いたり、鈴をふったり、思い思いに楽しむ30分間。あっという間に過ぎていきました!
クリスマススペシャルということで、この日は最後に絵本の読み聞かせも♪

クリスマスの定番「ぐりとぐらのおきゃくさま」です

音楽とリズムがあれば、言葉が違っても、年齢が違っても、誰もが楽しめるということを感じたひと時でした。
いつもは「ホスト側」の先生たちも、この時ばかりは「ゲスト」となってみんなで一緒に楽しんでいただけたかな?(だとすると、それもまた嬉しいです)

あそビートではこんな風に、大人も子どもも楽しめるプログラムを実施しています。定期開催もスポット開催も、どうぞお気軽にお問合せください。

令和初めてのクリスマスが、皆様にとって心温まる素敵なものになりますように。そして、そのクリスマスを支えるお仕事をしてくださる方たちも・・・。
メリークリスマス!!

クリスマススペシャル(第7回ゆるとれビート)

気がつくとあっという間に今年も終わりに近づいています。
皆様にとって、今年はどんな一年だったでしょうか。平成から令和に変わり新たな天皇が即位し、ラグビーで盛り上がった1年。←ざっくりしすぎ。

ビートオブサクセスは来年も『トレーニングビート®』と『ドラムサークル』をたくさんの人に知ってもらうために頑張ります!

ということで、今年の締めくくりというにはちょっと早かったのですが、年内最後のゆるとれビートを12月5日(木)に開催しました。

今回はなんと「初めまして」のお客様が4名もいらしてくださいました。
近くのオフィスにお勤めで、昼休みを利用してきてくださったのです。
「太鼓を叩いてみたかった!」
という皆様のお顔は期待でワクワク♡
こういう空気感がとっても素敵です。

今回はクリスマススペシャルということで太鼓だけじゃない面白楽器も登場

最初は、ファシリテーターのカズから簡単な太鼓を叩き方をレクチャー。
もちろん、うまく演奏することが目的じゃないのでどんな叩き方でもOKですが、ちょっと叩き方を知っていると楽しみ方の幅が広がります!

みんなで太鼓を楽しんだ後は、本日のスペシャル楽器「トーンチャイム」の登場です。

トーンチャイムの音色に興味津々な皆様

「癒される~!!」
「これ、職場で3時とかに鳴らしたい!」
「会社で買ってくれないかなぁ」

皆さん、トーンチャイムをいたく気に入ったご様子でした。
確かにこの音色、癒されるんです。しかも、これまた演奏がとっても簡単!

会社のお昼休みの関係で、30分ほどで「さようなら」になってしまったのですが、それでもかなりご満足いただけた様子でした。

こんな風に「途中退出」でもOKです。
ぜひ、仕事と仕事の合間の息抜きがてら、お気軽に参加してみてくださいね!

来年もゆるとれビートは開催いたします。
ただ、毎月第一木曜日・・・ですが、さすがに1月2日(木)は開催が厳しいので1月は変則開催となります!

2020年1月16日(木) 12:30~13:30
スタジオ音楽館 高田馬場店 
(JR高田馬場駅 戸山口改札より徒歩3分)

↑第三木曜日に変更となりますので、ご注意ください。

事前申し込みは不要です。1月だから・・・お正月スペシャルでまた、何か楽しいことが起こりそうな予感。ししまいとか?
来年もたくさんの方と楽しくゆるとれビートができることを楽しみにしています。どうぞ、よろしくお願いいたします。

太鼓だけじゃない?!Beat Of Joy開催レポート

1日ごとに朝晩の冷え込みが進んで、確実に冬が近づいてきていますね。
あんなに暑かったのに、季節はきちんと巡ってくるのだなと不思議な気持ちになります。しかし10月の台風の影響でいまだに元の生活に戻れる目途が立たない方々がいらしゃることを考えると、冬の冷え込みが厳しくならないことを祈るばかりです・・・

開催から早1週間経ってしまいましたが、先週のBeat Of Joyの様子をお知らせいたします。この日はBOSのトップトレーナー 橋田”ペッカー”正人に加えて・・・KEN&カズというBOSのエーストレーナーもフル参加。ものすごく「濃い」2時間となりました!
参加者様も20名近くお集りいただき、新宿スタジオノードで一番広い5Gスタジオも熱気にあふれていました。

初参加でもこんなに叩けちゃいます!!あ、でも太鼓を叩くことが目的じゃないです(笑)

この日は太鼓だけじゃなく、トランペットやアコーディオンなども登場!
ドラムサークルは・・・自由です!(笑)

もちろん、歌もあり、踊りもあり、です。

その日、その時のメンバーにより毎回いろんな盛り上がりを見せるのがドラムサークルのよいところ。
もちろん、歌いたくなければ歌わなくてもOK
踊りたくない人は踊らなくてもOK

無理強いをせず、その場にいる人がその時の空気でそれぞれ楽しめるのが醍醐味。初対面の人と、目と目をあわせてリズムの掛け合いをするだけでコミュニケーションが取れたり、不思議とその人のキャラがわかってしまったりすることを、ぜひ体感していただければと思います。

一心不乱に太鼓を叩く大人たち

初めましての方ばかりでも最後はこんな笑顔になれちゃいます。

会の終わりはみんなで「イェーイ!」

先日、とても興味深い記事を目にしました。京都大学総長の 山極 壽一氏の記事です。
ものすごくはしょってお伝えすると「共感力をなくした人間はサル化する」というお話です。人間はそもそも進化の過程で 見返りを求めない家族と、見返りを求めあう共同体 をうまく両立させてきた、それができるのは人間には 高い共感力で仲間の事情や気持ちを理解して問題を解決することができるからなのだそうです。
その「共感力」」が人間の脳を大きくしたのだと書かれています。

しかし、現代では情報革命が進み人間の脳の持つ「意識」と「知能」を切り分け大量の情報を処理する人工知能(AI)を生み出し、意識を置き去りにしている・・・これが格差を広げ利益を優先する社会にしている。優劣のルールに頼るのはサル社会と同じだというのです。

最後には 『今一度人類の歴史を振り返って家族と共同体の重要性を再認識し、共感力を用いた信頼できる仲間づくりを心掛けるべきだろうと思います。』と締めくくられています。私たちは人類としての進化を遂げていると思っていたのに、まさかの逆戻りをたどろうとしているのでしょうか?!

私の方でかなり大雑把にまとめてしまったことと、個人的な解釈も入ってしまっているので、ぜひ元の記事をご一読ください。

「共感力を必要とする社会」(視点・論点)
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/414895.html

ドラムサークルでは、輪になってみんなの顔を見ながら太鼓を叩くという人間にとっては極めて原始的な方法でコミュニケーションを取ります。
原始的というと、少し荒っぽいような、洗練されていないような、そんな印象を与えてしまいかねませんが・・・
人が原点に立ち返った時、どこから出発したのか?それを体感していただける場だと考えています。

太古の昔から変わらないコミュニケーション。
その心地よさをぜひ、体感していただきたいと思います。

次回のBeat Of Joy@東京は、近日日程をお知らせします。
年末or年始のお愉しみになると思います!決まり次第、Facebookやブログでご案内しますのでしばしお待ちください!

ヤンカディマクルで盛り上がれ!(第6回ゆるとれビート)

先週末は、珍しく!?(笑)イベントが立て込んだビートオブサクセスでした。

まずは7日(木)に開催された『ゆるとれビート』のご報告です。
弊社が高田馬場にあるというシンプルな理由から、高田馬場勤務の企業の皆様のストレスケアの一環としてお昼休みにふらりと立ち寄れる企画として実施を始めたゆるとれビートですが、実に6回目!
半年間継続できたこと、それがとても嬉しいです!
しかも、超満員!!とはいきませんが、どの回も必ず来場してくださる方がいてやはり「来てくださる方がいる」というのは、とっても嬉しいことだなと感じています。

さらに第6回目はなんとめでたいことに「リピートのお客様」が!!
しかも、リピートのお客様が新しいお客様を誘ってくてくださるとか、これはもう好循環の予感しかしません。

こうやって、少しずつとトレーニングビート・ドラムサークルの輪が「一般の人たち」にも広まっていくといいなーと思っています。

今回は太鼓だけではなく、ブームワッカーというカラフルな塩ビ管楽器も試してみました。

太鼓を叩いてチームビルディング、と言われてもなかなかイメージしにくい私たちのプログラムですが、実際叩いてみると「あー、こういうことね」とイメージをしやすくなります。
太鼓を叩いただけで人間関係が良くなれば苦労はしないと、と思う方こそ、ぜひ体感していただきたい!(笑)

苦労しないで人間関係がよくなるなら、それに越したことはないと思いませんか?!

終わった後のこの笑顔を見てください!

トレーニングビート、ドラムサークルは基本「自由に叩いてOK」というものですが、とはいっても全く自由にすると時に単調なリズムの繰り返しになってしまうこともあります。そのため、トレーナーから幾つかのリズムパターンをお教えすることもあります。(その時のムードによる)

この日は、アフリカのヤンカディマクルという合コン盛り上げリズム(by カズ談)にみんなでチャレンジする一幕も。

ほぼ即興で叩いてます。でも、それっぽく聞こえます。

次回は12月5日(木)12:30スタート
場所は同じく、高田馬場駅 戸山口から徒歩3分の「スタジオ音楽館」です。

早くも2019年ラストの月になるんですね。
クリスマスも近づいていますし、12月は太鼓以外にもまた「素敵な秘密兵器」を準備して新たな皆様のお越しをお待ちしています。もちろんリピートの皆様も大歓迎でーす♡

周年行事でトレーニングビート®!!

ある企業様の周年行事で、次の時代へと会社を繋げていくための会社の一体感をこの行事を通じて強化したいというご相談をいただきました。
このご依頼をいただいた担当部署の方はすでに、ドラムサークル、トレーニングビートをご経験済の方で、その効果を十分に実感されておられました。また、社長様もご体験をされたことがあるため、 通常ご提案時には行うことの多いデモンストレーションもなく社内でのご検討をいただき、ついにその実施当日を無事に迎えることができました。

当日はおよそ340人という300名を超える皆様がご参加されるということで、ビートオブサクセスのスタッフ総結集の大掛りな案件となりました。
よく「何人まで可能ですか?」というご質問をいただきますが、上限についてはほぼ無しと思っていただいてOKです(笑) むしろ「少人数」の方が実施は難しいことが多いです。

・・・例えば・・・2人とか・・・(千、万の単位だとすべての人に楽器というのは難しいことも想定できますが、私たちはすでに素敵な楽器を持っています。それは・・・手です。ハンドクラップでも実施は可能です!)

300人を超えても、会場さえOKなら輪を作って実施します!

人数が多い場合は、複数の輪を作って会場を作ります。
全員が一斉に太鼓を叩くとその音圧はものすごいことになるため、300人を超える場合は太鼓以外の小物パーカッションなど音の小さな楽器も織り交ぜながらの実施となります。それでもかなりの迫力です。

会場の全体像はこんな感じになります

実施時間としては35分という、私たちが実施するプログラムの中では比較的短時間でのチームビルドでした。当初は会場に入られた皆さまはその会場の設営と目の間に置かれた様々な太鼓や楽器に戸惑い気味。

一体これから何が始まるのだろう?!と少し不安な表情を浮かべる方もいらっしゃいました。
周年行事ということで、社長様のご挨拶に始まり「THE 式典」という厳かなムードが漂うのに、この席順、大量の楽器・・・

それでもプログラムがスタートし、みなさんすぐにノリノリに!最後はサンバのリズムで会場全体が体を使ってリズムを取り出し、おそらく普段は遠い存在であろう経営陣の皆様の笑顔も溢れ・・・素敵なひと時を過ごすことができました。

この企業様の大切な節目となる周年行事を通じて、次の時代に向けた「会社一丸となって頑張ろう」という思いが共有できるトレーニングビートになったのではないかと思います。
会場で目にした社長様の涙、いきいきと最後まで懸命に太鼓を叩く若手社員の皆様。
はにかみながらも周りの人と顔を見合わせながらリズムをとる中堅社員の方々・・・世代を超えた一体感がそこにはありました。

私たちスタッフも思わず感極まってしまうシーンも!そして、私たちもきっと今日のような素晴らしい一体感を感じたこの企業様はこの先の時代も末永く続いていくに違いないと確信したのです。

私たちのプログラムは、「私たちだけ」では決して成功しません。
導入するにあたっては、会社の企画運営を担当される担当者様、 ご承認、ご決裁くださる経営陣の皆様、そして会場側のご理解とご協力・・・いろんな人たちの力を得て当日を迎え、そして、当日は「その場にいる全員」が作りあげていきます。

だからこそ、その場にいる『全員』の心が震える体験を作りあげていけるのだと思っています。

実施までにはいろんなハードルもありますが、その一つ一つをクリアするために私たちビートオブサクセスのスタッフは丁寧にお手伝いをさせていただきます。心に残る周年行事や社内イベントにもぜひご採用ください。

10月5日大阪イベントの反響~参加者の皆さまからのアンケートより

去る10月5日(土)に大阪で開催された『金井先生と体感するドラムサークル&トレーニングビート®』は満員御礼となりました。
ご参加いただきました皆様、本当にありがとうございます。
イベント終了後の懇親会も、スタッフの予想を超える参加率で、大変盛り上がり楽しいひと時を過ごすことができました。

たっぷり太鼓を叩いてすっかり打ち解けた参加者の皆様と

今回のイベントでは終了後に参加者の皆様にアンケートにご協力をいただきました。いただいたアンケートを集計してみたところ、ご提出いただいた方の9割の皆様から「楽しかった!」との評価をいただきました。
同時に、「すっきりした」「繋がりを感じた」「新たな気づきがあった」とご回答する方も多くいらっしゃいました。
この「新たな気づき」というのは具体的にどんなことだったかを、アンケート内から抜粋してお伝えしたいと思います。(文章は一部編集をしています)

・背中を向けないでアイコンタクト、笑顔、心からの「いいね」と拍手で元気がむくむくとわいてくる。

・「言葉よりも先にリズムがあった」というのが印象的でした。

・体がほぐれて心もほぐれるような感じがしました。

・アイコンタクトの大切さがわかりました。

参加者の皆様のそれぞれのお立場により感じることは様々だったようですが、共通して感じられたことが以上の内容です。

トレーニングビート®の活用の場としては、グループワークを通じてチームのベクトルを合わせる場であったり、グループの中で「協力体制」を作っていかなければいけない場合のファーストステップ等で活用したいと感じられる方が多くいらっしゃいました。

また、実際に異なる会社様との合同プロジェクトスタートの際、率直な意見交換をするための場づくり(場慣らし)として実施を始めているプログラム導入担当者様にもお越しいただき、改めて本プログラムの良さを感じていただくこともできました。

金井先生とペッカーの対談も知的好奇心が満たされるユーモア溢れるものとなり、会場には笑いの溢れる2時間となりました。

太鼓を叩いてチームビルディング!というトレーニングビート®は、言葉で聞くよりもこうやって参加いただき、体感していただくとその良さを実感していただけます。今後も東京、大阪を中心に体感できるイベントを開催していきますのでぜひ、お気軽にご参加ください。

また、一定以上の人数が集まればもちろん個別での体感会開催のご相談にも応じます。(費用も含め要相談)
作り込んだプログラムではなく、「まずはどういうものかを知りたい」という団体様がいらっしゃいましたらぜひお声掛けください。

<近日開催予定の東京都内体感イベントのご案内>

①11月7日(木)12:30~13:30 ゆるとれビート(事前申し込み不要)
高田馬場駅戸山口徒歩3分 スタジオ音楽館にて 参加費用:500円

②11月8日(金)19:00-21:00 BEAT OF JOY (詳細イベントページ近日UP)
新宿駅徒歩8分 スタジオノード新宿5F
こちらのお申し込みは少々お待ちくださいませ!


トレーナーKEN初登場!(第5回ゆるとれビート)

6月から始めて、昨日が第5回目となった「ゆるとれビート」
昨日も、初めましてのお二人を迎えての開催となりました。

チラシをみて楽しそうだから、と訪れてくれたのはボイストレーナーのお二人。
さすが、お話の仕方や歌などを教えるお仕事をされているだけあって、とっても気さくで親しみやすく、素敵なお二人でした。
そんなこんなで、あっという間に楽しくドラムサークル。
KENとの掛け合いも息ぴったり♪

ドラクサークルは、輪になって座り参加者全員が見える位置で太鼓を自由に叩きます。それ以外、ルールはありません。あ、危険行為はNGですよ(笑)
だけど、やっぱりいきなり太鼓の前に座ってどうぞ!といっても、ポンポンポンという単調なリズムになってしまいがち。

そんなこともあって、KENから簡単なアフリカのリズムを教えてもらいます。
その簡単なリズムに慣れたら(すぐ慣れます)自由にアレンジしていいのですが・・・
アレンジを加えると次に「元のリズム、、、なんだっけーーーー!?」→爆笑 となります。こちらの動画は、昨日のそんな場面をとらえた貴重な映像です!(笑)

人数が少なくても、多くても、誰もが楽しめるのがドラムサークルの良いところ。そして、ドラムサークルをベースとした、チームビルディングプログラムのトレーニングビート®についてもちょっと触れると、お二人とも興味深く聞いてくださいました。
音楽をお仕事にしているという共通点があっただけに、納得いただける部分、実感していただける部分が多かったようです。
あっという間の1時間。

最後は記念撮影にも快く応じていただきました^^

お気に入りの太鼓を抱えてパチリ!

お昼休みの1時間を使って、ドラムサークルをたくさんの人に知っていただきたい!日頃の仕事のストレスをうまく修正していって欲しい。そんな思いで始めたゆるとれビートin高田馬場

次回は11月7日(木)12:30スタート
スタジオ音楽館高田馬場駅前(戸山口から徒歩3分)

「ドラムサークルって何?」
「太鼓を叩いてチームビルディングってなんで?」

不思議に思った方は、ぜひお気軽にお越しください。
きっと、30分経たないうちにおわかりいただけると思います。

さてさて、この日、お客様のところに伺ったカズですが・・・果たしてそちらのチームの様子はどうだったのでしょうか?!近日、報告レポートアップ予定。
お楽しみに!!

10/5(土)人事担当者必見!金井先生と体感するドラムサークル&トレーニングビートin大阪

ドラムサークルの様子

神戸大学大学院教授で、本年紫綬褒章を受された金井壽宏先生を、昨年の神戸開催に引き続きゲストにお迎えし、今回はなんと大阪にてドラムサークル&トレーニングビートを体感するイベントを開催いたします!

モチベーション、リーダーシップ、キャリアなど、人の心理・生涯教育、また組織開発などに関わる数多くの研究を行ってきた金井先生だからこそ語ることのできるドラムサークルの魅力が解き明かされます。
丸くに輪になって太鼓を叩く。
一見、単なる遊びのようにも見えるこのプログラムが、なぜ、組織に効くのか?なぜ、短時間であっという間に一体感を作りあげるのか?

*社内の雰囲気がよくない
*一体感に欠ける
*社員の退職が止まらない
*コミュニケーションが停滞している

そんなお悩みを抱えた、人事担当者様、管理職の皆様、そして経営者の皆様。

ぜひ、一度トレーニングビートを体感してみませんか?

当日のファシリテートはもちろん、弊社のヘッドトレーナーであり、DCFA理事長でもある、橋田”ペッカー”正人。

金井先生とペッカーが織りなす、軽妙なトークもお楽しみに。

いつもBOSのFacebookをご覧いただいている皆様には一足先にお申し込みいただけます!ぜひお誘いあわせの上、ご来場ください。
お早めにお申し込みを!!

【イベント概要】

日時:2019年10月5日(土)16:00~18:00(開場:15:45~)

会場:スタジオモラッキー
  (大阪府大阪市北区末広町2-5)「南森町」駅徒歩5分
https://moracky.co.jp/access/

定員:限定30名様!(グループ・複数名様でのお申込み可)

参加費用:2000円
※領収書が必要な方は事務局までお申しつけください。

ファシリテーター紹介:
橋田”ペッカー”正人
音楽家・プロパーカッニスト
トレーニングビート® ヘッドトレーナー
ドラムサークルファシリテーター協会(DCFA)理事長   

お申し込みはこちら
https://forms.gle/rhRt3nLFTDXjcLTK6

・ジェンベなど脚で挟んで演奏する楽器もあります。女性はできればパンツ系でのご参加をお勧めします。
・少し体を動かすプログラムですので、水分補給の飲み物やタオルなどをご用意ください。
・当日は、足ではさんで叩くタイプの太鼓などもございます。パンツスタイルにてお越しいただくことをお勧めおります。
・少し体を動かすプログラムですので、水分補給の飲み物やタオルなどをご用意ください。
・会の終了後18:30前後より、近隣にて懇親会も予定しております。(参加費用は別途)お時間の許す方はぜひ懇親会もお越しください。

ヘッドトレーナー ペッカー氏登場!(第4回ゆるとれビート)

こんにちは、ビートオブサクセスです。

第4回目となる「ゆるとれビート」もこじんまりでしたが楽しくゆるりと開催をいたしました。ちょっとだけ動画にて公開いたします♪

ちなみに、この動画だと「まったりゆったり静かーに」太鼓を叩いていますがこの前にもちろんノリノリでバッキバキに叩いていましたよ(笑)

ドラムサークルは、円になって一人一つの太鼓を叩くというのが基本ですが、こうやってメロディー楽器を取り入れたり、歌を歌ったり、リズムにあわせて踊ったり・・・いろいろアレンジを加えるシーンもあります。

もちろん、それはその時の参加者の雰囲気や、ノリにあわせてファシリテータがうまく取り込んでいくんです。(強制はしません!)

まさに一期一会のアンサンブル!
「今ここ」を大切にしています。

もちろん、実施する目的にもよります。チームビルディングなのか?リーダシップの強化なのか?各個人が何か気づきを得られるようにうまく誘導することが必要な時と、自然に盛り上がる一体化を大切にするのか、等でもプログラムの組み立て方が変わってきます。

もちろん、それは、私たちスタッフとトレーナーの仕事ですので参加される方は、何も意識せずフラットな気持ちで参加していただけるムード作りを心がけています。

太鼓を見たときのワクワク感もぜひ楽しんでいただければ!

次回、ゆるとれビートは10月3日(木)12:30スタート
近づいてきたら、またご案内しますね。

ぜひ、高田馬場付近の皆様(遠い方も)お気軽にお越しくださいませ。

2019/8/31(土)トレーニングビートトレーナー養成塾無事終了

ご報告が遅れましたが、去る8月31日にトレーニングビート養成塾東京校が無事に終了いたしました。残すところ、あとは「トレーナー認定試験」のみです。
(この認定試験は、希望者のみで強制ではありません)

全6回の講義と実技を受講された塾生の皆様。
素敵な笑顔です。

最後まで笑顔溢れる講義となりましたが、塾生の皆様は試験に備えてレクチャーに聞き入る顔は真剣そのもの。

トレーニングビートを実施するための理論や実技を30時間かけて学ばれたのですが、実はここから先が正念場とも言えます。
実際トレーナーとして活動するにはその人らしい、その人の強みを生かしたファシリテートが必要になってくるからです。

そのため、BOSは終了後(修了後)も、養成塾にいつでも出入りOKとしています。それは、現場に出た後、あらためて気づくこともあり、もう1回、実技の部分を学びなおしたい、もう一度、あの講義を聞いてみたいということが必ず生まれるからです。ぜひ、この制度を活用していただきたいと思っています!

修了生の皆様のこれからの活躍を、BOS一同期待しています!!
3か月間、本当にお疲れ様でした。

秋から冬にかけて、養成塾は名古屋・大阪・東京で開講を予定しています。興味のある方、詳細が知りたい方はぜひお気軽にお問合せください。