周年行事でトレーニングビート®!!

ある企業様の周年行事で、次の時代へと会社を繋げていくための会社の一体感をこの行事を通じて強化したいというご相談をいただきました。
このご依頼をいただいた担当部署の方はすでに、ドラムサークル、トレーニングビートをご経験済の方で、その効果を十分に実感されておられました。また、社長様もご体験をされたことがあるため、 通常ご提案時には行うことの多いデモンストレーションもなく社内でのご検討をいただき、ついにその実施当日を無事に迎えることができました。

当日はおよそ340人という300名を超える皆様がご参加されるということで、ビートオブサクセスのスタッフ総結集の大掛りな案件となりました。
よく「何人まで可能ですか?」というご質問をいただきますが、上限についてはほぼ無しと思っていただいてOKです(笑) むしろ「少人数」の方が実施は難しいことが多いです。

・・・例えば・・・2人とか・・・(千、万の単位だとすべての人に楽器というのは難しいことも想定できますが、私たちはすでに素敵な楽器を持っています。それは・・・手です。ハンドクラップでも実施は可能です!)

300人を超えても、会場さえOKなら輪を作って実施します!

人数が多い場合は、複数の輪を作って会場を作ります。
全員が一斉に太鼓を叩くとその音圧はものすごいことになるため、300人を超える場合は太鼓以外の小物パーカッションなど音の小さな楽器も織り交ぜながらの実施となります。それでもかなりの迫力です。

会場の全体像はこんな感じになります

実施時間としては35分という、私たちが実施するプログラムの中では比較的短時間でのチームビルドでした。当初は会場に入られた皆さまはその会場の設営と目の間に置かれた様々な太鼓や楽器に戸惑い気味。

一体これから何が始まるのだろう?!と少し不安な表情を浮かべる方もいらっしゃいました。
周年行事ということで、社長様のご挨拶に始まり「THE 式典」という厳かなムードが漂うのに、この席順、大量の楽器・・・

それでもプログラムがスタートし、みなさんすぐにノリノリに!最後はサンバのリズムで会場全体が体を使ってリズムを取り出し、おそらく普段は遠い存在であろう経営陣の皆様の笑顔も溢れ・・・素敵なひと時を過ごすことができました。

この企業様の大切な節目となる周年行事を通じて、次の時代に向けた「会社一丸となって頑張ろう」という思いが共有できるトレーニングビートになったのではないかと思います。
会場で目にした社長様の涙、いきいきと最後まで懸命に太鼓を叩く若手社員の皆様。
はにかみながらも周りの人と顔を見合わせながらリズムをとる中堅社員の方々・・・世代を超えた一体感がそこにはありました。

私たちスタッフも思わず感極まってしまうシーンも!そして、私たちもきっと今日のような素晴らしい一体感を感じたこの企業様はこの先の時代も末永く続いていくに違いないと確信したのです。

私たちのプログラムは、「私たちだけ」では決して成功しません。
導入するにあたっては、会社の企画運営を担当される担当者様、 ご承認、ご決裁くださる経営陣の皆様、そして会場側のご理解とご協力・・・いろんな人たちの力を得て当日を迎え、そして、当日は「その場にいる全員」が作りあげていきます。

だからこそ、その場にいる『全員』の心が震える体験を作りあげていけるのだと思っています。

実施までにはいろんなハードルもありますが、その一つ一つをクリアするために私たちビートオブサクセスのスタッフは丁寧にお手伝いをさせていただきます。心に残る周年行事や社内イベントにもぜひご採用ください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*